ヘルスフードレポートhealthfoodreportⓇ

健康食品を知る『ヘルスフードレポート/healthfoodreport』Ⓡ登録商標山の下出版Ⓒ著作権所有

2018年04月

株式会社SUNAO製薬/健康食品/データ『事業者一覧』収載ヘルスフードレポートⓇ登録商標山の下出版Ⓒ著作権所有

 (フリガナ)              スナオSUNAO製薬  20180322確認

    コード                  19269

    法人名                  株式会社SUNAO製薬
    新郵便番号                880-0023

    都道府県                 宮崎県

    住所1                  宮崎市和知川原2丁目74

    住所2                  2018収載

    電話番号                 0985-26-2210
    FAX番号

    メール

    ホームページ

    担当部署                 健康志向食品担当

    担当者

    事業内容                 健康食品。


    事業内容①



    事業内容②



    事業内容③


    事業内容④



    事業内容⑤



    備考



    ルート
    代表者

    資本金

    会社売上

    健食売上

    商品末端売上





株式会社スーク/健康食品/データ『事業者一覧』収載ヘルスフードレポートⓇ登録商標山の下出版Ⓒ著作権所有

  (フリガナ)              スーク 20180306ntt確認

    コード                  19042

    法人名                  株式会社スーク
    新郵便番号                248-0006

    都道府県                 神奈川県

    住所1                  鎌倉市小町1丁目6-12

    住所2                  2018収載

    電話番号                 0467-23-6795
    FAX番号

    メール

    ホームページ

    担当部署                 健康志向食品担当

    担当者

    事業内容                 健康食品。


    事業内容①



    事業内容②



    事業内容③


    事業内容④



    事業内容⑤



    備考



    ルート
    代表者

    資本金

    会社売上

    健食売上

    商品末端売上

有限会社スィンセリティ/健康食品/データ『事業者一覧』収載ヘルスフードレポートⓇ登録商標山の下出版Ⓒ著作権所有

 (フリガナ)              スィンセリティ 20180308確認

    コード                  19097

    法人名                  有限会社スィンセリティ
    新郵便番号                505-0043

    都道府県                 岐阜県

    住所1                  美濃加茂市深田町3丁目1-29

    住所2                  2018収載

    電話番号                 0574-26-8031
    FAX番号

    メール

    ホームページ

    担当部署                 健康志向食品担当

    担当者

    事業内容                 健康食品。


    事業内容①



    事業内容②



    事業内容③


    事業内容④



    事業内容⑤



    備考



    ルート
    代表者

    資本金

    会社売上

    健食売上

    商品末端売上





ゴマ/市場動向素材50音順1997-「ヘルスフードレポート/Health Food Report」Ⓡ登録商標山の下出版Ⓒ著作権所有

  素材フリガナ ゴマ 2018収載
素材 ゴマ
1997市場規模 10
1997市場動向 肝機能対応・二日酔対応素材として認知されるとともに、微量金属成分セレン高含有面も知られ始めた。
1998市場規模 20
1998市場動向 抗酸化機能の高いシード・オイルとして評価。セレン他ミネラル素材としても認知。肝機能対応機能で自覚可能。
1999市場規模 20
1999市場動向 肝機能対応、二日酔対応、抗酸化機能、免疫賦活機能の内容啓蒙必要。天然セレン素材として支持。ミネラル規制緩和対応。
2000市場規模 20
2000市場動向 ミネラル規制緩和対応。安心天然ミネラル(セレン等)素材として支持広がる。脂溶性成分への関心も。
2001市場規模 30
2001市場動向 肝機能対応、アルコール対応、微量ミネラル(セレン等)素材として評価。原料供給メーカー増える方向。
2002市場規模 40
2002市場動向 微量ミネラル(セレン等)機能から、美容対応フィトステロール機能への広がり。今後原料種類の幅も。
2003市場規模 50
2003市場動向 肝臓対応素材として再注目。天然セレン機能内容示す必要。他の含有機能成分開発検討。原料種類探索。
2004市場規模 60
2004市場動向 各種含有機能成分ごとに製品設計される傾向。通販ブランド急速に立ちあがる。原料種類で差別化検討も。
2005市場規模 60
2005市場動向 健康素材認知度高いため根強い。植物性セレン機能注目度高い。研究データ等機能内容認知さらに広めるべき。
2006市場規模 70
2006市場動向 通販分野で引き続き伸び。セレン他の機能成分内容情報提供を。継続摂取方法について示す必要。
2007市場規模 70
2007市場動向 特徴的含有機能成分の生理機能内容広く情報提供必要。摂取量、摂取方法等利用者に判りやすく説明するべき。
2008市場規模 80
2008市場動向 1万人・20日間分無料展開等利用者への新しい提案も。健康素材としての認知度活かした製品開発を。セレン他の機能情報提供。
2009市場規模 80
2009市場動向 抗酸化セレン機能の継続摂取量、方法情報提供。中高年対応機能体感提案。由来原料の種類多い。
2010市場規模 90
2010市場動向 原料は100種以上とも。含有微量成分の一定品質機能や、継続摂取による体感自覚がポイント。生理機能の認知度がまだ低い。食用油と比較説明。
2011市場規模 90
2011市場動向 植物由来機能成分でミネラルに着目され支持広がる。試用展開にも応募が集まり、特に高齢者の反応が厚い。原料種類も多くあるとされ、今後、参入
が増えるとみられる。
2012市場規模 80
2012市場動向 一般食品ルートで「きな粉」との組み合わせ製品が中高年者対応粉末飲料として定番に。由来機能成分の滋養機能は幅広い利用者に対応。老化予
防への期待高い。
2013市場規模 100
2013市場動向 前年比二ケタ増の動き。認知度の高さ、自然食品機能素材としての浸透。セレン等ミネラル、ビタミンE等脂溶性機能成分の含有情報提供。フレッシュ
オイル食品用途開発。
2014市場規模 100
2014市場動向 セレン、ビタミンE等機能成分、抗酸化成分と、注目のEPA、DHA等魚油の組合せ健康食品増。魚油由来高脂血漿・閉塞性動脈硬化症治療剤、抗血
栓剤との関係研究。
2015市場規模: 110
2015市場動向: 一般食用油との違い示す必要。機能成分含有量等による他の機能製油との比較。継続利用による体感自覚内容絞り込み提案。原料種類多いことの
説明も必要。
2016市場規模: 100
2016市場動向: セレンなど由来特徴成分を打出すサプリメントは継続支持。組合せにより浸透図る。由来原料は多種多数。食品メーカー参入による競合が利用者拡
大につながるか。
2017市場規模: 100
2017市場動向: 「抗酸化力」、「疲れ」、「体調改善」の機能性表示が認められ、積極展開始まる。売れ筋素材との組合せなど品揃えしブランド製品としての定着化図る





出版物広告申込書 『ヘルスフードレポート』担当/編集部

ごぼう(茶)/市場動向素材50音順1997-「ヘルスフードレポート/Health Food Report」Ⓡ登録商標山の下出版Ⓒ著作権所有

素材フリガナ ゴボウチャ 2018収載
素材 ごぼう(茶)
1997市場規模
1997市場動向
1998市場規模
1998市場動向
1999市場規模
1999市場動向
2000市場規模
2000市場動向
2001市場規模
2001市場動向
2002市場規模
2002市場動向
2003市場規模
2003市場動向
2004市場規模
2004市場動向
2005市場規模
2005市場動向
2006市場規模
2006市場動向
2007市場規模
2007市場動向
2008市場規模
2008市場動向
2009市場規模
2009市場動向
2010市場規模
2010市場動向
2011市場規模
2011市場動向
2012市場規模
2012市場動向
2013市場規模
2013市場動向
2014市場規模 10
2014市場動向 身近なダイエット素材として一時ブーム的に広まった。健康茶定番として並べられている状況。茶以外利用(乾燥粉末、エキス、組合せ素材等)模索。
市場化試している。
2015市場規模: 10
2015市場動向: 日常的に利用されている野菜がダイエット分野健康茶として広がる。一般スーパーでも茶、嗜好飲料コーナー定番品揃え。差別化製品検討。スムージ
ーでも採用。
2016市場規模: 10
2016市場動向: ダイエット製品提案が、数年で一般店販ルートでも健康茶定番製品となりつつある。食物繊維・味の特徴が、「生姜」フレーバー・味のように広がりをみ
せるか。
2017市場規模: 10
2017市場動向: スーパー・生協等健康茶コーナー定番化。ダイエットブームから生まれた製品ではあるが、味への支持。便性改善機能体感目的から料理への応用ま
で幅広い用途。





出版物広告申込書 『ヘルスフードレポート』担当/編集部
■『ヘルスフードレポート/HealthFoodReport登録商標 健康志向食品市場動向』
体裁/B5判64頁。1,500円送料215円。内容/市場規模/上位素
材数字・動向。素材生理機能一覧/約500素材。流通ルート約50概要。注目素
材/研究/製品。原料供給メーカー/約300社。受託加工メーカー/約100社。
製品メーカー/約500社。関係団体/機関その他。

五穀/市場動向素材50音順1997-「ヘルスフードレポート/Health Food Report」Ⓡ登録商標山の下出版Ⓒ著作権所有

素材フリガナ ゴコク 2018収載
素材 五穀
1997市場規模
1997市場動向
1998市場規模
1998市場動向
1999市場規模
1999市場動向
2000市場規模
2000市場動向
2001市場規模 30
2001市場動向 自然食品として炊飯時利用増。一般量販店でも品揃え進む。今後定番品となる見込。内容成分情報提供必要。
2002市場規模 20
2002市場動向 一昨年のブーム的な動きは落ち着く。五種類の中から数種を選択し利用する人も。発芽玄米と並べられる。
2003市場規模 20
2003市場動向 様々な穀類の中から1~数種類選び食生活に取り入れていく方向。利用者の裾野が広がったかたち。
2004市場規模
2004市場動向
2005市場規模
2005市場動向
2006市場規模
2006市場動向
2007市場規模
2007市場動向
2008市場規模
2008市場動向
2009市場規模
2009市場動向
2010市場規模
2010市場動向
2011市場規模
2011市場動向
2012市場規模
2012市場動向
2013市場規模
2013市場動向
2014市場規模
2014市場動向
2015市場規模:
2015市場動向:
2016市場規模:
2016市場動向:
2017市場規模:
2017市場動向:




出版物広告申込書 『ヘルスフードレポート』担当/編集部
■『ヘルスフードレポート/HealthFoodReport登録商標 健康志向食品市場動向』
体裁/B5判64頁。1,500円送料215円。内容/市場規模/上位素
材数字・動向。素材生理機能一覧/約500素材。流通ルート約50概要。注目素
材/研究/製品。原料供給メーカー/約300社。受託加工メーカー/約100社。
製品メーカー/約500社。関係団体/機関その他。

CoQ10エンザイムキューテン/市場動向素材50音順1997-「ヘルスフードレポート/Health Food Report」Ⓡ登録商標山の下出版Ⓒ著作権所有

素材フリガナ コエンザイムキューテン 2018収載
素材 CoQ10
1997市場規模
1997市場動向
1998市場規模
1998市場動向
1999市場規模
1999市場動向
2000市場規模
2000市場動向
2001市場規模
2001市場動向
2002市場規模
2002市場動向
2003市場規模 10
2003市場動向 原料提案参入増。各社見本製品提示し採用促すが、まだ、大きく立ちあがらず。対応健康絞りこみ必要。
2004市場規模 50
2004市場動向 新美容対応素材として採用広まる。循環器系対応素材としての普及を着実に進めるべき。
2005市場規模 100
2005市場動向 新美容対応素材面だけではブームに流される可能性。様々な脂溶性素材が押し上げている状況を冷静に分析必要。
2006市場規模 200
2006市場動向 低価格品250万個、薬系100万個の動き。美容素材として定着図る。各ルートで出されるが動き思い通りにならず。原料在庫課題。
2007市場規模 180
2007市場動向 前年比減少。あらためて機能内容確認し製品設計を。美容機能、体感自覚データ提供必要。原料在庫問題解決図る方向。
2008市場規模 160
2008市場動向 化粧品分野での普及進む。いわゆる健康食品、脂溶性機能性素材との組合せで採用。継続摂取での評価必要。水溶性原料の広がりに期待。
2009市場規模 140
2009市場動向 抗酸化機能と体感自覚機能とのつながり面情報提供。水溶性素材により製品開発、摂取方法幅広がる。
2010市場規模 120
2010市場動向 引き続き化粧品分野での普及進む。あらためて機能食品素材としての体感データ示し製品設計を。過去のブーム展開は一時的。定着させる働きかけ
を。
2011市場規模 90
2011市場動向 抗酸化機能のうち、高齢者対応分野への関心高まる。継続摂取機能内容情報提供。一般加工食品採用可能性探る。化粧品分野では海外市場可能
性探る動き。
2012市場規模 70
2012市場動向 化粧品分野に比べ体感度からか、健康食品分野では普及広がり鈍い。老化予防分野でのニーズに対応する、試用展開にかなう本格成分としての提
案、製品設計必要。
2013市場規模 60
2013市場動向 若さ維持、長寿につながる健康維持分野素材として再評価の動き。結果として50代以上女性層の支持増。これまでの日本市場の動きを踏まえ海外市
場にも提案。
2014市場規模 50
2014市場動向 原料供給一部撤退。美容分野海外市場不確定要素増で製品投入慎重姿勢。老化予防分野提案増。細胞との関連メカニズム情報提供されるも具体的
現象説明必要。
2015市場規模: 50
2015市場動向: エナジードリンク、美容ドリンク採用提案。医薬品参考に配合検討。老化予防、エイジング対応素材として継続摂取での体感例欲しい。また、体感でき
る組合せ素材模索。
2016市場規模: 40
2016市場動向: 医薬品機能を踏まえ、新たに機能性表示食品素材として提案される。エイジング対応分野での採用に実績。基礎機能成分として美容分野での広がり
が期待される。
2017市場規模: 30
2017市場動向: 食品成分として認められて以降、美容分野で主要成分として採用が続いており、一般利用者認知進む。具体的な若さ維持機能内容示していくことが課
題。






出版物広告申込書 『ヘルスフードレポート』担当/編集部

高麗人参/市場動向素材50音順1997-「ヘルスフードレポート/Health Food Report」Ⓡ登録商標山の下出版Ⓒ著作権所有

素材フリガナ コウライニンジン(チャ) 2018収載
素材 高麗人参
1997市場規模 250
1997市場動向 滋養強壮漢方成分の信頼の根強さと、サポニンをはじめとする有用成分の解明裏付けにより安定。「実感」素材。
1998市場規模 200
1998市場動向 パワーハーブとしても注目。欧米で解明、評価されている漢方機能が東洋ハーブとして認知。欧米での利用実態紹介も。
1999市場規模 180
1999市場動向 主要機能成分の研究内容を、欧米での利用のされ方等も含め、判りやすく説明する必要有り。
2000市場規模 160
2000市場動向 欧米での滋養強壮機能データ提供される模様。サポニン他含有機能成分の内容再度確認必要。
2001市場規模 160
2001市場動向 滋養強壮ハーブとして、含有機能成分等の品質情報提供されるべき。その上で摂取量・方法の啓蒙を。
2002市場規模 160
2002市場動向 漢方素材としてではなく、臨床データ等のある機能成分品質の素材提案される。ホットハーブとしての認知広がるか。
2003市場規模 150
2003市場動向 体感素材として認知。機能成分ジンセンノサイド等での製品設計始まる。従来品リニュアル時高品質化される動き。
2004市場規模 150
2004市場動向 滋養強壮に加え老化予防素材として認知進められる。年数だけでなく含有機能成分が指標に。運動機能にも注目。
2005市場規模 150
2005市場動向 機能成分と生理機能内容さらに普及図る必要。海外での利用状況も。ホットハーブとして新たな認知広まるか。
2006市場規模 150
2006市場動向 体感素材として継続支持。組合せ素材としての利用増の可能性。原料情報示していく必要有。機能成分量、継続摂取方法あらためて確認を。
2007市場規模 130
2007市場動向 根強い継続利用者。産地、栽培方法等一定の情報提供必要。海外に製品として販売される例増。
2008市場規模 120
2008市場動向 体感素材として製品開発、組合せ探る。原料品質、機能発揮量の判りやすい説明必要。食品としての力を様々な方法で発信する必要。
2009市場規模 120
2009市場動向 健康状況を把握し滋養素材として摂取。原料内容、機能発揮量、継続摂取方法への関心。体感素材として支持広がる。
2010市場規模 110
2010市場動向 直ちに体感できるイメージ。体感を利用者に試用してもらう方法検討。採用原料の品質を説明する努力。アジアだけでなく欧米のデータ参考にする例
有り。
2011市場規模 100
2011市場動向 体感自覚素材として再評価。短時間での自覚機能と長期間での自覚機能について、滋養の他に具体的な例を示し提案必要。その原料内容及び発揮
量情報も。
2012市場規模 80
2012市場動向 摂取時の体感度印象強く、リピート、継続摂取製品づくりしやすい。原料内容と機能発揮量の関係を示し提案。組み合わせ素材検討。
2013市場規模 70
2013市場動向 幅広い年代層の若さ維持機能打ち出す。漢方内容情報提供。味、体感の判りやすさを利用。試用タイプでの展開進める。
2014市場規模 60
2014市場動向 ドリンクとして定番。健康食品として健康維持改善にどのようにして利用していくか。継続摂取方法、対応機能分野の情報提供を。健康茶分野で独特
の味の評価得られるか。
2015市場規模: 60
2015市場動向: エナジードリンク配合素材として採用増。医薬品分野の動きを参考に採用原料内容検討。利用者が比較できる機能発揮量データなど内容情報示す必
要。体感ドリンク好評。
2016市場規模: 50
2016市場動向: 高価格帯素材のひとつとして、またエナジードリンク採用実感素材、特定旅行者ニーズ素材としても動き。一定原料品質・量確保、モニター提案できる
ような取組み工夫必要。
2017市場規模: 50
2017市場動向: 摂取直後に体感できる素材として体質改善対応製品、幅広い層のエナジードリンクで採用。無店舗ルート専門メーカーだけでなく、店販滋養ドリンクと
しても定番に。






出版物広告申込書 『ヘルスフードレポート』担当/編集部

株式会社新健食/健康食品/データ『事業者一覧』収載ヘルスフードレポートⓇ登録商標山の下出版Ⓒ著作権所有

 (フリガナ)              シンケンショク  20180308確認

    コード                  19112

    法人名                  株式会社新健食
    新郵便番号                411-0931

    都道府県                 静岡県

    住所1                  駿東郡長泉町東野143-22

    住所2                  2018収載

    電話番号                 055-986-1551
    FAX番号

    メール

    ホームページ

    担当部署                 健康志向食品担当

    担当者

    事業内容                 健康食品。


    事業内容①



    事業内容②



    事業内容③


    事業内容④



    事業内容⑤



    備考



    ルート
    代表者

    資本金

    会社売上

    健食売上

    商品末端売上




株式会社ショウゲン/健康食品/データ『事業者一覧』収載ヘルスフードレポートⓇ登録商標山の下出版Ⓒ著作権所有

 (フリガナ)              ショウゲン 20180316確認

    コード                  19200

    法人名                  株式会社ショウゲン
    新郵便番号                634-0014

    都道府県                 奈良県

    住所1                  橿原市石原田町198

    住所2                  2018収載

    電話番号                 0744-47-1511
    FAX番号

    メール

    ホームページ

    担当部署                 健康志向食品担当

    担当者

    事業内容                 健康食品。


    事業内容①



    事業内容②



    事業内容③


    事業内容④



    事業内容⑤



    備考



    ルート
    代表者

    資本金

    会社売上

    健食売上

    商品末端売上




↑このページのトップヘ