ヘルスフードレポートhealthfoodreportⓇ

健康食品を知る『ヘルスフードレポート/healthfoodreport』Ⓡ登録商標山の下出版Ⓒ著作権所有

2017年05月

㈱みやび園/㈱みやび園/データ『2017事業者一覧』収載予定ヘルスフードレポート登録商標山の下出版著作権所有

(フリガナ)              ミヤビエンン20160518mail送信不着20160210確認20150412確認20140227/20121210fax送付2006
    コード                  14082
    法人名                  ㈱みやび園
    新郵便番号                851-2211
    都道府県                 長崎県
    住所1                  長崎市京泊1-1-42
    住所2                  2006住所修正   2004収載
    電話番号                 095-850-0321
    FAX番号                0120-507801
    メール                  fanmai@miyabien.com
    ホームページ             http://www.miyabien.com/
    担当部署                 健康志向食品担当
    担当者
    事業内容                 ㈱みやび園。
    事業内容①
    事業内容②
    事業内容③
    事業内容④
    事業内容⑤
    備考                    0120-501388
    ルート                  茶卸・販売
    代表者
    資本金
    会社売上
    健食売上
    商品末端売上
20171_20160907867kb
出版物広告申込書 『ヘルスフードレポート』担当/編集部
【出版物③】
■『ヘルスフードレポート/Health Food Report(登録商標)健康志向食品
市場動向 2017年』

体裁/B5判64頁。1,500円送料215円。内容/2017年市場規模/上位素
材数字・動向。素材生理機能一覧/約500素材。流通ルート約50概要。注目素
材/研究/製品。原料供給メーカー/約300社。受託加工メーカー/約100社。
製品メーカー/約500社。関係団体/機関その他。
……………………………………………………………………………………………………………………………
【見積書】 

㈱みやび/JHFA製品/クロレラ/データ『2017事業者一覧』収載予定ヘルスフードレポート登録商標山の下出版著作権所有

(フリガナ)              ミヤビ20160518mail送信20160210確認20150409確認20140729fax20121130fax送付20020509/9
    コード                  4343
    法人名                  ㈱みやび
    新郵便番号                812-0013
    都道府県                 福岡県
    住所1                  福岡市博多区博多駅東1-10-23-2F
    住所2                  2001住所修正
    電話番号                 092-474-3711
    FAX番号                092-474-3719
    メール                  order@miyabi.com
    ホームページ             http://www.miyabi.com/
    担当部署                 健康食品担当
    担当者
    事業内容                 JHFA製品/クロレラ。
    事業内容①
    事業内容②
    事業内容③
    事業内容④
    事業内容⑤
    備考                   092-411-3431
    ルート
    代表者
    資本金
    会社売上
    健食売上
    商品末端売上
20171_20160907867kb
出版物広告申込書 『ヘルスフードレポート』担当/編集部
【出版物③】
■『ヘルスフードレポート/Health Food Report(登録商標)健康志向食品
市場動向 2017年』

体裁/B5判64頁。1,500円送料215円。内容/2017年市場規模/上位素
材数字・動向。素材生理機能一覧/約500素材。流通ルート約50概要。注目素
材/研究/製品。原料供給メーカー/約300社。受託加工メーカー/約100社。
製品メーカー/約500社。関係団体/機関その他。
……………………………………………………………………………………………………………………………
【見積書】 

㈱ミヤトウ野草研究所/植物発酵粉末。植物発酵食品。原料・製品/データ『2017事業者一覧』収載予定ヘルスフードレポート登録商標山の下出版著作権所有

(フリガナ)              ミヤトウヤソウケンキュウショ20160406mail送信20151206mail送信20150923mail再送信20150617mail2014
    コード                  6107
    法人名                  ㈱ミヤトウ野草研究所
    新郵便番号                944-0020
    都道府県                 新潟県
    住所1                  妙高市 新井市工団町7-7
    住所2                  2013収載
    電話番号                 0255-73-7189
    FAX番号                0255-72-3842
    メール                  info@miyatou.co.jp
    ホームページ             http://www.miyatou.co.jp
    担当部署                 健康食品担当
    担当者
    事業内容                 植物発酵粉末。植物発酵食品。原料・製品。
    事業内容①
    事業内容②
    事業内容③
    事業内容④
    事業内容⑤
    備考
    ルート                  原料・製品
    代表者
    資本金
    会社売上
    健食売上
    商品末端売上
20171_20160907867kb
出版物広告申込書 『ヘルスフードレポート』担当/編集部
【出版物③】
■『ヘルスフードレポート/Health Food Report(登録商標)健康志向食品
市場動向 2017年』

体裁/B5判64頁。1,500円送料215円。内容/2017年市場規模/上位素
材数字・動向。素材生理機能一覧/約500素材。流通ルート約50概要。注目素
材/研究/製品。原料供給メーカー/約300社。受託加工メーカー/約100社。
製品メーカー/約500社。関係団体/機関その他。
……………………………………………………………………………………………………………………………
【見積書】 

γ-アミノ酪酸(GABA)/市場動向1997-2016健食素材50音順(末端規模推定 /億円)「ヘルスフードレポート/Health Food Report」登録商標山の下出版著作権所有
 
  素材フリガナ ガンマーアミノラクサン
 素材 γ-アミノ酪酸
 1997市場規模
 1997市場動向
 1998市場規模
 1998市場動向
 1999市場規模
 1999市場動向
 2000市場規模
 2000市場動向
 2001市場規模
 2001市場動向
 2002市場規模 20
 2002市場動向 (GABA)発芽玄米機能成分として認知広がり始める。「無洗米」も追風。日常食生活の身近な素材として位置付け。米糠、ビート、乳他原材料選択が
 次の段階。
 2003市場規模 30
 2003市場動向 (GABA)発芽玄米、米糠、ビート、乳由来機能成分として幅が広がる可能性。機能内容情報提供積極的に。
 2004市場規模 30
 2004市場動向 (GABA)発芽玄米機能成分で認知図られる。体感自覚等、より具体的な例で普及進める必要。
 2005市場規模 40
 2005市場動向 (GABA)新素材採用飲料登場。発芽玄米機能成分の臨床研究続けられる。毎日摂取製品採用図る。
 2006市場規模 40
 2006市場動向 (GABA)生活習慣対応素材として機能理解進める。機能体感期間示し提案必要。さらに研究継続を。
 2007市場規模 40
 2007市場動向 (GABA)発芽玄米機能成分としての認知進められる。数多くの生理機能の中から自覚できる例示し情報提供必要。
 2008市場規模 30
 2008市場動向 (GABA)菓子等明らか食品での採用急には広がらず。自覚の体感性情報提供を。原料由来示す例も。
 2009市場規模 30
 2009市場動向 (GABA)認知度上げる努力さらに必要。試用キャンペーンにより目的、コンセプトを認識。複数ルートでの参入欲しい。
 2010市場規模 30
 2010市場動向 (GABA)基本となった玄米含有成分の提案をもう一度。継続利用での体感、役割を示す必要。加工食品提案や食事時、料理時提案を。
 2011市場規模 20
 2011市場動向 (GABA)発芽玄米含有機能成分として提案されるが認知定番にまでは至らず。菓子、チョコレート、飲料等展開に参入増えるか。試用体感自覚まで
 待てるかが課題。
 2012市場規模 10
 2012市場動向 「GABA醤油」支持広がるか。原料内容打ち出す。米、菓子の他調味料分野での健康機能含有・配合期待。組み合わせビタミン、ミネラル他何が受け
 入れられるか可能性模索。
 2013市場規模 10
 2013市場動向 リラックス、精神安定分野素材として再評価の動き。日常食生活での摂取量、目安量情報整理し提供必要。「GABA」含有調味料、食品品揃え進むか
 
 2014市場規模 10
 2014市場動向 (GABA)発芽玄米機能成分として紹介された後、配合サプリメント、菓子などで定番化されている。調味料分野でも採用製品がみられる。健康機能発
 揮摂取量、体感自覚量を示し提案を。
 2015市場規模: 10
 2015市場動向: (GABA)発芽玄米など穀物や醤油など調味料で高く含有する製品を日常食生活に提案。血圧など改善自覚の体感が得られる数値示す。美容分野開
 拓を契機に利用者増やす例。
 2016市場規模: 10
 2016市場動向: (GABA)酵素、発酵、スムージーなど現在支持されている製品で採用進められる。基礎的な健康数値改善面を踏まえた、美容、ダイエット対応分野素
 材としての動き。
 
20171_20160907867kb
出版物広告申込書 『ヘルスフードレポート』担当/編集部
【出版物1】
■『ヘルスフードレポート/Health Food Report(登録商標)健康志向食品市場動向 2017年』
体裁/B5判64頁。1,500円送料215円。内容/2017年市場規模/上位素
材数字・動向。素材生理機能一覧/約500素材。流通ルート約50概要。注目素
材/研究/製品。原料供給メーカー/約300社。受託加工メーカー/約100社。
製品メーカー/約500社。関係団体/機関その他。
…………………………………………………………………………………………
【見積書】 

寒天/市場動向1997-2016健食素材50音順(末端規模推定 /億円)「ヘルスフードレポート/Health Food Report」登録商標山の下出版著作権所有
 
  素材フリガナ カンテン
         素地 寒天
 
 1997市場規模
 1997市場動向
 1998市場規模
 1998市場動向
 1999市場規模
 1999市場動向
 2000市場規模
 2000市場動向
 2001市場規模
 2001市場動向
 2002市場規模
 2002市場動向
 2003市場規模
 2003市場動向
 2004市場規模
 2004市場動向
 2005市場規模
 2005市場動向
 2006市場規模 30
 2006市場動向 ダイエットブーム落ち着く。増粘安定剤年間約2千t市場に多少影響。利用方法は丁寧な説明必要。
 2007市場規模 20
 2007市場動向 ひとつのダイエット素材として位置付けられた。より食品に近い摂取方法で製品検討される。慎重に今後の方向模索。
 2008市場規模 20
 2008市場動向 体感素材。認知度高いが手軽さからか、継続利用続かず。組合せ素材模索。味、おいしさも追求。高齢化社会対応機能も提案。
 2009市場規模 30
 2009市場動向 無味無臭タイプ、中高年の「嚥下」、のみこみ補助に広がり。料理だけでなく自然発生的に「お茶」に入れる例が。茶メーカーの課題。
 2010市場規模 20
 2010市場動向 今一度、増粘素材として、高齢層分野提案を。様々な種類を試用してもらい個人、ルートに合う内容の理解を。いわゆるダイエットブームの状況は追わ
 ず。
 2011市場規模 9
 2011市場動向
 2012市場規模 
 2012市場動向
 2013市場規模 
 2013市場動向
 2014市場規模
 2014市場動向
 2015市場規模:
 2015市場動向:
 2016市場規模:
 2016市場動向:
 
20171_20160907867kb
出版物広告申込書 『ヘルスフードレポート』担当/編集部
【出版物1】
■『ヘルスフードレポート/Health Food Report(登録商標)健康志向食品市場動向 2017年』
体裁/B5判64頁。1,500円送料215円。内容/2017年市場規模/上位素
材数字・動向。素材生理機能一覧/約500素材。流通ルート約50概要。注目素
材/研究/製品。原料供給メーカー/約300社。受託加工メーカー/約100社。
製品メーカー/約500社。関係団体/機関その他。
…………………………………………………………………………………………
【見積書】 

カロチン/市場動向1997-2016健食素材50音順(末端規模推定 /億円)「ヘルスフードレポート/Health Food Report」登録商標山の下出版著作権所有
 
  素材フリガナ カロチン
 素材 カロチン
 1997市場規模 100
 1997市場動向 α・β-カロチン、リコペン等カロチンにさらにミネラル、植物性ステロイド(ノコギリヤシ、カボチャ種子油など)を加えた製品開発進む。
 1998市場規模 80
 1998市場動向 製品のマルチカロチン化進む。ルテイン、アスタキサンチンなども加わる。今後はさらにミネラル素材等の複合化も模索。
 1999市場規模 70
 1999市場動向 環境ホルモン対応緑黄色野菜機能、眼機能老化予防など新たなコンセプトも模索。免疫対応機能の欧米での利用のされ方示されるべき。
 2000市場規模 70
 2000市場動向 茸類、ハーブも含め、予防目的の免疫賦活素材と同時摂取提案。新たに、植物性ステロールとの複合で中高年層開拓の動きも。
 2001市場規模 70
 2001市場動向 新たにルテイン、ゼアキサンチン、リコペン他を配合したマルチタイプ化の方向。ステロールも。免疫リスク対応データ整理を。
 2002市場規模 80
 2002市場動向 さらにマルチタイプ化図る「スーパーカロチン」登場も。マルチタイプ化の生理機能の意味示す必要。
 2003市場規模 100
 2003市場動向 ネットワーク販売で「マルチカロチン」製品100万個以上出荷。複合カロチン抗酸化機能で肝臓免疫リスク対応臨床データ報告される。
 2004市場規模 140
 2004市場動向 「ルテインマルチカロチン」製品約300万個・40万人のネットワーク販売落ち着く。類似製品、各ルートで登場。低価格化。
 2005市場規模 140
 2005市場動向 マルチカロチンの内容、生理機能あらためて整理する必要。脂溶性機能性素材製品の基材としての役割担う。
 2006市場規模 130
 2006市場動向 肝臓免疫リスク対応機能研究内容情報提供を。緑黄食野菜栄養再度評価。あらためてデータ整理し方向見極める必要。「眼」対応機能で再注目。
 2007市場規模 120
 2007市場動向 脳内栄養、「眼」対応機能で製品採用増。抗酸化機能データ数多く有。美容分野への広がり期待。
 2008市場規模 110
 2008市場動向 幅広い機能有り。製品化には明確なコンセプト必要。社会問題化する可能性のある肝臓対応機能は今後重要となる。
 2009市場規模 100
 2009市場動向 他の機能成分と組み合わせて、抗酸化機能素材として身体各所に対応。臨床データ出されている機能から製品化。肝臓対応注目。天然色素再注目。
 2010市場規模 90
 2010市場動向 肝臓対応他新たな免疫系データ、ポリフェノール機能の内容を確認。種子由来素材に加え、これまで提案されてきた各素材を再検討。含有微量成分
 に注目。
 2011市場規模 80
 2011市場動向 各種の由来原料の内、供給不安定な状況が一部みられることから、再度態勢を整えて利用者に提案中。免疫機能の他、高齢者対応抗酸化機能の分
 野着目。製品開発増。
 2012市場規模 50
 2012市場動向 短期間での体感自覚しにくい老化対応機能について、組み合わせ素材検討していく動き。各種由来原料による提案増。試用(一定期間)による普及
 の可能性探る。
 2013市場規模 40
 2013市場動向 「若さ維持」素材としてあらためて位置づけ提案。野菜ジュース商品による認知広まる。再び藻類由来、植物種子由来原料の採用につながるか。美容
 分野への働きかけ必要。
 2014市場規模 20
 2014市場動向 免疫機能分野情報停滞。メカニズムは紹介されるが理解、普及にまでつながらず。緑黄色野菜含有成分としての情報提供は継続。機能性食品色素と
 しての認識、位置づけは市場で変わらず。
 2015市場規模: 10
 2015市場動向: 由来原料の緑黄色野菜、藻類等の全ての含有成分に注目した製品(酵素、青汁、スムージー等)に動き。総合的な健康維持、改善エイジング対応製品
 への採用図る。
 2016市場規模: 10
 2016市場動向: 緑黄色野菜機能成分であることは従来通り変わらない。免疫対応、成人病予防などから、美容、エイジング対応などに焦点が移っている。酵素、青汁
 、スムージーで採用。
 
20171_20160907867kb
出版物広告申込書 『ヘルスフードレポート』担当/編集部
【出版物1】
■『ヘルスフードレポート/Health Food Report(登録商標)健康志向食品市場動向 2017年』
体裁/B5判64頁。1,500円送料215円。内容/2017年市場規模/上位素
材数字・動向。素材生理機能一覧/約500素材。流通ルート約50概要。注目素
材/研究/製品。原料供給メーカー/約300社。受託加工メーカー/約100社。
製品メーカー/約500社。関係団体/機関その他。
…………………………………………………………………………………………
【見積書】 

L-カルニチン/市場動向1997-2016健食素材50音順(末端規模推定 /億円)「ヘルスフードレポート/Health Food Report」登録商標山の下出版著作権所有
 
 素材フリガナ カルニチン
 素材 L-カルニチン
 1997市場規模
 1997市場動向
 1998市場規模
 1998市場動向
 1999市場規模
 1999市場動向
 2000市場規模
 2000市場動向
 2001市場規模
 2001市場動向
 2002市場規模
 2002市場動向
 2003市場規模 
 2003市場動向
 2004市場規模 30
 2004市場動向 (L-カルニチン)脂肪燃焼素材としてダイエット分野立ち上る。欧米では筋肉栄養素材。運動、老化予防対応。
 2005市場規模 40
 2005市場動向 (L-カルニチン)機能性飲料採用追風なるか。機能内容絞りこみ提案を。様々な特許機能示すべき。
 2006市場規模 40
 2006市場動向 (L-カルニチン)スポーツ系だけでなく幅広い年齢層への提案を。機能内容あらためて整理する必要。
 2007市場規模 40
 2007市場動向 (L-カルニチン)脂肪燃焼機能をダイエットから生活習慣分野まで、臨床データ情報提供を。各分野で製品設計提案。
 2008市場規模 40
 2008市場動向 中高年まで幅広い年代層への提案を。疲労回復、筋肉栄養素、運動、老化予防など確認されている生理機能情報提供必要。
 2009市場規模 40
 2009市場動向 体感性活かした製品提案必要。継続摂取における、目的別必要量等情報提供を。幅広い層への働きかけを。
 2010市場規模 40
 2010市場動向 筋肉対応をより幅広く、高齢層継続摂取利用まで広げた提案を。脂肪燃焼、ダイエットは一時的、スポーツは規模小さい状況把握。組み合わせ素材で
 見せ方工夫。
 2011市場規模 30
 2011市場動向 高齢者分野への提案。試用によりどの程度体感自覚できるのか。筋肉対応機能が歩行につながる可能性あるのか検討必要。日常食生活での摂取量
 確認。
 2012市場規模 30
 2012市場動向 滋養、元気対応、老化予防機能を打ち出す製品への採用図る。由来原料、生理機能メカニズム等判りやすく示し試用提案。継続利用による会員化目
 指す動き。
 2013市場規模 20
 2013市場動向 スポーツ対応筋肉栄養分野に加え、幅広いダイエット分野、高齢者歩行対応分野への提案採用図られる。体感度による支持増やすための製品開発
 進められる。
 2014市場規模 20
 2014市場動向 動き出すオリンピック対応分野素材のひとつとして見直し、製品化再構築。利用目的に合わせた摂取量、摂取方法を示し開発。体調管理分野、ダイエ
 ット分野での利用も内容示し提案。
 2015市場規模: 10
 2015市場動向: オリンピック対応、ダイエット対応であらためて注目。それぞれ、新しい層の利用者に提案できる状況が生まれつつある。試供品による体感レベルでの
 理解から進める方向。
 2016市場規模: 10
 2016市場動向: 筋肉対応機能素材として、市民ランナー向けプロテインなどスポーツ関連製品での採用増。あらためて、揃えられている機能研究データ提供し製品
 開発促しているところ。
ためて、揃えられている機能研究データ提供し製品 開発促しているところ。
 
20171_20160907867kb
出版物広告申込書 『ヘルスフードレポート』担当/編集部
【出版物1】
■『ヘルスフードレポート/Health Food Report(登録商標)健康志向食品市場動向 2017年』
体裁/B5判64頁。1,500円送料215円。内容/2017年市場規模/上位素
材数字・動向。素材生理機能一覧/約500素材。流通ルート約50概要。注目素
材/研究/製品。原料供給メーカー/約300社。受託加工メーカー/約100社。
製品メーカー/約500社。関係団体/機関その他。
…………………………………………………………………………………………
【見積書】 

宮崎食研㈲/健康食品/データ『2017事業者一覧』収載予定ヘルスフードレポート登録商標山の下出版著作権所有

(フリガナ)              ミヤザキショッケン20160518mail送信不着20160211確認20150414確認20140221/20121207fax20121
    コード                  14076
    法人名                  宮崎食研㈲
    新郵便番号                880-2231
    都道府県                 宮崎県
    住所1                  宮崎市糸原4727
    住所2                  2009収載
    電話番号                 0985-41-0801
    FAX番号                0985-41-3625
    メール                  info@shokken.net
    ホームページ             http://www.shokken.net
    担当部署                 健康志向食品担当
    担当者
    事業内容                 健康食品。
    事業内容①
    事業内容②
    事業内容③
    事業内容④
    事業内容⑤
    備考
    ルート
    代表者
    資本金
    会社売上
    健食売上
    商品末端売上
20171_20160907867kb
出版物広告申込書 『ヘルスフードレポート』担当/編集部
【出版物③】
■『ヘルスフードレポート/Health Food Report(登録商標)健康志向食品
市場動向 2017年』

体裁/B5判64頁。1,500円送料215円。内容/2017年市場規模/上位素
材数字・動向。素材生理機能一覧/約500素材。流通ルート約50概要。注目素
材/研究/製品。原料供給メーカー/約300社。受託加工メーカー/約100社。
製品メーカー/約500社。関係団体/機関その他。
……………………………………………………………………………………………………………………………
【見積書】 

宮崎健康食品センター/健康食品/データ『2017事業者一覧』収載予定ヘルスフードレポート登録商標山の下出版著作権所有
(フリガナ)              ミヤザキケンコウショクヒンセンター20160518mail送信不着20160211確認20150414確認20140221/2005121
    コード                  14074
    法人名                  宮崎健康食品センター
    新郵便番号                880-0841
    都道府県                 宮崎県
    住所1                  宮崎市吉村町宮ノ前2146-2
    住所2
    電話番号                 0985-27-1151
    FAX番号
    メール                  jna@new-net.jp
    ホームページ             http://www.new-net.jp
    担当部署                 健康志向食品担当
    担当者
    事業内容                 健康食品。
    事業内容①
    事業内容②
    事業内容③
    事業内容④
    事業内容⑤
    備考
    ルート                  自然食
    代表者
    資本金
    会社売上
    健食売上
    商品末端売上
20171_20160907867kb
出版物広告申込書 『ヘルスフードレポート』担当/編集部
【出版物③】
■『ヘルスフードレポート/Health Food Report(登録商標)健康志向食品
市場動向 2017年』

体裁/B5判64頁。1,500円送料215円。内容/2017年市場規模/上位素
材数字・動向。素材生理機能一覧/約500素材。流通ルート約50概要。注目素
材/研究/製品。原料供給メーカー/約300社。受託加工メーカー/約100社。
製品メーカー/約500社。関係団体/機関その他。
……………………………………………………………………………………………………………………………
【見積書】 

みづほ工業㈱/化粧品関連。真空乳化撹拌装置/汎用型乳化撹拌装置/下部循環式ミキサー/真空練合装置/縦型ニーダー/研究・生産用ミキサー他/データ『2017事業者一覧』収載予定ヘルスフードレポート登録商標山の下出版著作権所有

(フリガナ)              ミヅホコウギョウ20160518mail送信20151206mail送信20141120市場動向送付20141023
    コード                  7928
    法人名                  みづほ工業㈱
    新郵便番号                557-0063
    都道府県                 大阪府
    住所1                  大阪市西成区南津守6丁目1番109号
    住所2                  2015収載
    電話番号                 06-6658-4000
    FAX番号                06-6658-4005
    メール                  soumu@mizuho-ind.co.jp
    ホームページ             http://www.mizuho-ind.co.jp/
    担当部署                 総務部 化粧品・美容食品分野担当
    担当者
    事業内容                 化粧品関連。真空乳化撹拌装置/汎用型乳化撹拌装置/下部循環式ミキサー/真空練合装置/縦型ニ
                         ーダー/研究・生産用ミキサー他
    事業内容①                化粧品関連。機械。真空乳化撹拌装置/汎用型乳化撹拌装置/下部循環式ミキサー/真空練合装
                         置/縦型ニーダー/研究・生産用ミキサー/調製タンク/連続式乳化撹拌装置/粉体製品用装置
    事業内容②
    事業内容③
    事業内容④
    事業内容⑤
    備考                   本社大阪市西成区南津守6丁目1番109号 設立年月日1960年(昭和35年)5月7日
                         従業員数109名(2014年4月1日現在)
    ルート                  化粧品
    代表者                  代表取締役社長悦勝三次
    資本金                  0.6
    会社売上                 31.37
    健食売上
    商品末端売上
20171_20160907867kb
出版物広告申込書 『ヘルスフードレポート』担当/編集部
【出版物③】
■『ヘルスフードレポート/Health Food Report(登録商標)健康志向食品
市場動向 2017年』

体裁/B5判64頁。1,500円送料215円。内容/2017年市場規模/上位素
材数字・動向。素材生理機能一覧/約500素材。流通ルート約50概要。注目素
材/研究/製品。原料供給メーカー/約300社。受託加工メーカー/約100社。
製品メーカー/約500社。関係団体/機関その他。
……………………………………………………………………………………………………………………………
【見積書】 

↑このページのトップヘ